プリローダー
isu-1_logo



いす-1GPとは

いす-1GPとは、日本事務いすレース協会(JORA)が主催する、2時間の間に事務いすを使ってコースを何週走れるかを競う耐久レースです。
途中で、タイヤがとれたり、背もたれも壊れたり、最後にはタイヤの足の根元から折れてたりしてしまうほどの過酷なレースです。一度見たらその光景は忘れる事ができないインパクトのある光景が、2010年以降、毎年京都府京田辺市のキララ商店街で行われています。
2013年以降は山形県新庄市を皮切りにその開催地を徐々に増やし、2015年には年間12か所にまで開催地が拡大しました。また、2016年4月には台湾台南市で初の海外レースも開催しました。
参加したい方も、応援の方も、ぜひ一度キララ商店街をはじめ、各開催地まで足を運んで実際にその光景をご覧下さい。お待ちしております。

【その他のカテゴリー】
いす-2GP ・・・・ 走行時間が1時間のレース。予選大会としての開催やいす-03で予選をおこなった後に結果が下位のチームが参加するレースとして開催される。
いす-03 ・・・・ 30m直線のタイムを競うレース。予選やいす-1体験などで開催される。
いす-1GPex ・・・・ いす-1GPやいす-2GPのレギュレーションに合わないルールで開催されるレース。




いす-1GPを開催するには

●開催する場所は原則として商店街に隣接する舗装された道路です。
●いす-1グランプリの開催をされる場合、下記の手続きが最低限必要になります。
日本事務いすレース協会の現地調査を受ける。
日本事務いすレース協会に会員登録する。
※お問い合わせを頂ければ、「スタートアップ資料」をお送りします。
※お問合せ時に氏名、連絡先お電話番号、開催を希望している都道府県・市町村名、お問い合わせいただいた方の立場
(○○商店街理事・○○商工会理事・○○観光協会理事など)をお教えください。
●開催費用は単独開催で100万程度の予算確保が必要です。
●開催日は原則として先に決まっている他の開催地と同じ日に実施できません。
●同一都道府県内でいす-1GPは2か所までしか開催できません。また、同一都道府県内で開催される場合は先に決まっている開催地の開催日の前後2~3か月以上開催日を開ける必要があります。
※いす-1GPexでの開催の場合はご相談ください。




日本事務いすレース協会について

日本事務いすレース協会(JORA)は、どんなに過酷な状況下においても決してあきらめない大人の背中を子供たちに見せる事を通じ、全国各地の青少年の健全育成と、地域経済活性化を目的として設立するものとする。
また、我が国における各種事務椅子競技を統括し、代表する団体として事務椅子競技の普及及び振興を図り、競技者を育成強化し、事務椅子競技を通じて、国民の心身の健全な発展に寄与し、また豊かな人間性を涵養することを目的とする。

・設立年月日
2015年3月28日

・主な活動
いす-1GPの開催・運営
いす-1GPの宣伝・広告
各地域で行われるいす-1GPのサポート・支援

・事務局
一般社団法人 日本事務いすレース協会(JORA)
〒610-0361 京都府京田辺市河原食田10-48
TEL:090-8827-9666
FAX:0774-63-5548
ホームページ:http://www.isu-1gp.com
メール:info@isu1gp.com